"分譲で物件を購入するよりも、今では賃貸を希望している人が多くなっており、需要が広がってきています。
つまり賃貸物件の数も一昔前よりも増え、私達にとって選べる範囲が広がってきているのです。流通物件は、賃貸アパートやマンションを管理している大家さんが、入居者の案内を出した物件が多くの不動産屋によって扱われているものとなります。
つまり多くの不動産屋で紹介がされている物件を多く持っているのがターミナル型不動産屋と呼ばれている不動産屋なのです。

 

独自物件は、その不動産屋でしか取り扱っていない物件であり、大家から直接依頼されて扱っている物件となります。
地域に密着をしている不動産屋で多く、中には掘り出し物件と呼ばれる理想的な物件と出会える可能性が高くなります。

 

独自物件はその物件自体は、大家から直接入手しているので比較的新しく、物件状態もしっかりしたものとなっています。
どこでも紹介をしてくれる流通物件に注目をするのではなく、まず最初は独自物件を中心として探していくと良いでしょう。"



賃貸物件にも様々なタイプがあるブログ:2019/10/09

小さい頃、夏休みや冬休みに田舎に帰ると、
祖父はいつもポッキーというお菓子をくれました。

仕事の関係で家にいない時には、
ポッキーだけが置いてあることもありました。

ボクは
「なんでいっつもポッキーなんだろう?」
と思いながら食べていました。

おととい、
友達の子供にお菓子を送ってあげることになり、
ボクは奥さんと一緒に
スーパーのお菓子売り場に行きました。

ずいぶん久しぶりに訪れたお菓子売り場は、
童心をくすぐられる、なかなか魅惑的な場所でした。

で、いざ、その子供に送ってあげるお菓子を選び始めると、
二人とも途方に暮れてしまったのです。

膨大な種類のお菓子があって、
どれを送ってあげたらいいのかがわからないのです。

たまにしか会わない子供が好きなお菓子って、
接していない分だけわからないんですよね。

過去の記憶を手繰り寄せながら、
そうしてなんとかかんとか見繕って、
二人して「これで喜んでくれるかな〜?」などと言いつつ
買い物を済ませたのでした。

そのお菓子の会計を済ませるレジの列に並んでいる時に、
ふと「祖父のポッキー」のことを思い出したのです。

思い出すと同時に、
祖父もがボク好きなものがわからんかったんだ…
それでも
「これで喜んでくれるかな〜?」って思いながら、
ポッキーを買ってきてくれてたんだ…

あのポッキーは、
祖父の精一杯の愛情表現だったんですね。

積年の疑問が解けると同時に、
あのポッキーがただのお菓子ではないことに気づいたボクは、
スーパーのレジで並びながら、
ウルッときてしまいました。