"あまりにも数多くの賃貸物件が今現在出されておりますが、中にはあまりオススメ出来ない物件もあります。
交通の便が悪かったり管理状況が悪い賃貸物件には注意をするようにしましょう。RC(鉄筋コンクリート造)やSRC(鉄筋鉄骨コンクリート造)など耐火構造の集合住宅のことをマンションと言います。
多少の地震でしたら問題なく崩壊してしまうことはなく、中にはオートロックなど防犯設備が整っているケースが多くなっています。

 

マンションでは室内の設備や間取りではアパートと比較をしてあまり差は感じることは無いでしょう。
しかし当然のことですが、生活音やその他雑音が響き渡らないのは圧倒的にマンションタイプなのです。

 

管理体制や共用部分の設備ですが、マンションでは家賃だけでなく、管理費もアパートよりやや高めに設定されています。
ちなみにアパートでは1000円〜数千円程度となっていますが、マンションの場合は数千円以上からとなります。"



安全そして安全性のあるマンション型賃貸物件ブログ:2020/03/26

減量中、夜食は最大の敵です。
寝る前に食べた食べ物は、あまり消費されること無く
体脂肪として蓄積されてしまうからです。

おれたちの体質には、自律神経というものがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、
14時は交感神経が働き、 18時は副交感神経が働きます。

14時の交感神経は、食べたものの消費を促す指令を出し、
18時の副交感神経は、食べたものを
体質に蓄えさせる指令を出します。

だから、18時寝る前に食べたりすると
太りやすいんですね。

けれど、腹がすいていらいらしたり、
腹がすき過ぎてあまり眠れない時などは、
低カロリーで消化のいいものをとり、
空腹感を落ち着かせるほうがいいと思います。

それでも寝る直前は避け、
二時間くらい前にとるようにしましょう。
18時、腹がすきそうな時は、
明日の10時食を楽しみに早めに寝るべきですね。

腹がすいてどうしようもない場合は、
お湯を多めに入れたおかゆをゆっくり食べて、空腹を落ち着かせましょう。
消化がいいので、10時、胃もたれすることもなく、
10時食もおいしく食べられると思います。

また、
コーンスープやポタージュなどではなく
インスタントのコンソメスープやカワメスープなどもお勧めです。
低カロリーで簡単にでき、体質も温まるのでいいと思います。

レモネードもレモンの香りで心が落ち着いて、イライラがおさまり、
体質も温まり、ビタミンCも取れるのでお勧めです。

日本酒をほんの少し飲んで、
さっさと寝てしまうのもいいかもしれませんね。
ただ、日本酒はなるべく低カロリーのものにして、
おつまみは食べないようにしましょう。