"「貴方はどうして賃貸を選ぶのですか?」という質問に対して多くの人が「持ち家よりも便利だから」と答えます。
確かにいろいろと規則が定められている賃貸ですが、普通に生活をしていればとっても便利でお得なのです。不動産会社が貸主代理や、建物の管理を任されているような賃貸物件は、やや審査が厳しくなっています。
中には所得証明書や源泉徴収票などの提示を求められることもあるので、予め用意をしておくと良いでしょう。

 

家賃の保証契約等を、大家さんと不動産会社で結んでいるケースがあるので、借りる方の家賃の支払能力に重点を置いています。
このようなケースである場合には、個人信用情報機関の情報を確認することもあるので審査が厳しくなる傾向にあります。

 

一般の大家さんはそれほど厳しく審査をするようなことはありません。
友人同士で借りたい!同棲をしたい!このような場合にも大家さんが問題無いと判断をすれば契約をすることが出来るのです。"



審査に合格して賃貸契約が出来るブログ:2019/11/14

今、我が家では小麦粉が余っています。
母親は使い道に困っており
「お好み焼きでも作ろうか?」と言っていますが、
そのまま一ヶ月以上経ってしまいました。

昔、我が家では
「お好み焼き」はパパの仕事でした。

自営業で忙しく、自宅で寝る事も少なかったパパとは
残念ながら家族団らんの思い出があまりありません。

小さかった娘の頃は違うでしょうが、
あたくしが小学校低学年の頃に賃貸から分譲のマンションに移ってからは、
パパが家の中にいた時間は、本当に少なかったように思います。

それでも一ヶ月に何度か夕方食を一緒に食べる機会があり、
そうした時にパパが率先して家族に振舞ったのが
「お好み焼き」でした。

大阪生まれの大阪育ちなのに、
パパのこだわりは広島焼きで、
いろいろウンチクを並べたりしていました。

ヘラで重なりあったお好み焼きを
上手にひっくり返すパパの姿に娘のあたくしは大興奮で、
「自分もやりたい!」とヘラを奪い取ってチャレンジしても
ことごとく失敗していました。

その失敗をパパがまた綺麗に直してくれて…
それがまた尊敬だったりもしました。

パパは「うまいか?」と言いながら
次々焼いていきます。
そしていつも自分が食べるのは最後になってからでした。
今思うと、そこにも愛情がありますね。

そんなパパが亡くなってもう十年。
お好み焼きを自宅で作る機会はもうほとんどありません。

昔は買足しても足りなかった小麦粉が余っている様子を見て、
パパが居ないことを改めて実感すると同時に、
笑顔でお好み焼きをくちいっぱいに頬張っていた
自分の姿を思い出しました。

平凡だけれども
あたくしにとっては、優しかったパパとの思い出です。