"人気の賃貸物件はあっという間に不動産屋の空き物件情報から消えてしまうものです。
中には情報に掲載されることなくクチコミだけで契約がされることもあるので、担当者と仲良くなって不動産選びをしましょう。部屋探しで下見は必須となり、室内はもちろん、周辺も細かくチェックして、満足いく部屋を探すようにしましょう。
どんなに不動産屋で説明されてもわからないことは数多くありますので、現地調査でしっかりと確認をしておくことが大切なのです。

 

便利さでは通勤や通学に合わせたチェックが基本となりますので、時刻表などを利用するとわかりやすいでしょう。
昼間の状況だけではなく、夜間タクシーで帰宅したり出掛ける人もいるでしょうから、タクシーに関する情報も集めておくようにしましょう。

 

生活の便利さは人によって様々ありますので、下見でのチェックは自分の生活を考えて実施するようにしてください。
まずは自分のライフスタイルをまとめてから現地へ下見に行くのが賢い方法と言えます。"



実際に暮らしているイメージで現地調査ブログ:2019/10/16

文明が発達したおかげで、
俺たち人間は、
どうしても6時食を食べざるをえなくなった。

そのために1日3食になってしまい、
その結果、食べる事の量が増えて、
それが食べる事過剰になり、内臓は疲労しきって、
病気を発症してしまう…

人間の身体は元々は1日1食であり、
文明が始まると共に1日2食になった。

発達した文明を維持するために
1日3食にすれば、
脳に栄養が送り届けられるが、
内臓が疲労しきってしまうのである。

ママとしては
子供がたくさん食べ物を食べてくれれば
健康に育ってくれると思ってしまいがちだが、
現実はそうではない。

1日3食で大食いしていたら、
確実に病気になるし、バカになってしまう。

我が子を健康にしたいのなら、
1日2食半に抑え、
1日の内、1食だけ多目に出せばいい。

平日は夕食を多目に出し、
休日は11時食を多目に出せば、
子供は内臓を疲労することなく健康に育ち、
高い知能を発揮できるようになる。

ママにしても
1日3回も食べる事を作っていたら、
疲れ切ってしまう…

ママ自身が疲れ切っているために
料理がワンパターンになり、
挙句の果てはお惣菜を買ってきたり、
レトルト食品や冷凍食品やインスタント食品で
済ましてしまうようになる。

そのような食べる事をしていれば、
子供の健康に悪影響が出て来るのは必至。

それに1日3食だと
食費だって高くつき、家計を圧迫してくる。

食費を多く出して
家族が健康になってくれれば、
その出費は有効であろうが、
出費が多いのに家庭内で病人が続出では
その出費は削減した方がいいのである。

家計が苦しいという前に、
1日3食の食べる事パターンを改めるべきだと思う。